ジューンブライド

公開日: blog

6月も後半となりました。
梅雨入りしているというのになかなか雨が降らない大阪。
雨は憂鬱になりやすいですが、
恵みの雨がないと大好きなお米が食べられないのでここは降ってほしいところでもあります。

さてさて、
「6月はジューンブライドっていうし、忙しいんじゃないの?」
とよく聞かれます。

そもそもジューンブライドとは?

①6月の月名である「JUNE」は、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、
この月に結婚する花嫁は幸せになるという言い伝え。

②ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しており、
また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、
多くの人から祝福される花嫁は幸せになるだろうという言い伝え。

③農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられている。
そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、
多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろうという言い伝え。

と諸説ございます。

しかし、日本は梅雨の時期ということもあり、
雨の日の結婚式はなるべく避けたいというのが正直なところ。

そう、
日本では梅雨の時期に結婚式が少なかったので、
企業戦略としてジューンブライドを取り入れたということなんですね。

節分に食べる恵方巻きの海苔や、
バレンタインのチョコレートと同じ感覚です。

そう考えると「企業戦略に踊らされてる?」
という感じも否めないのですが、

無病息災を祈り、私は毎年無言で恵方巻きを食べますし、
恋愛成就の為に愛しの君へチョコレートを届けたこともあります。笑

大事なのは気持ちのような気がします。

もちろん、
結婚式を挙げるのが6月じゃなくても、
皆さん幸せになれるのです。

 

 

 

関連している記事

no image

10月ですね

10月にはいりましたね~ 涼しくなってきて気持ちがいい時期です。...

記事を読む

koji-3

レストラン工事

今日は10月末にオープンする 提携先レストラン新店舗の 工...

記事を読む

satsuei-2

パンフレット用写真撮影

昨日は新しいレストランのウェディング素材の撮影会。 実はこのレス...

記事を読む

ashiya-1

芦屋山手倶楽部

芦屋でディナーを☆ ということで 先日芦屋山手倶楽部へ行ってきまし...

記事を読む

Happy-New-Year-2014-Photos

2014年

明けましておめでとうございます! 本日は2014年のお仕事始めでござ...

記事を読む

no image
活版印刷

先日素敵な出会いがあり 活版印刷のペーパーアイテムを拝見させていただ

IMG_4561.JPG
原点に

7年前。 初めて友達の結婚パーティーをプロデュースしたお店。 その時は

no image
親孝行とは

少し重たい内容になるかもしれませんが 思うことがあったので書いてみよ

no image
アラウンドサーティー

最近私の周りで海外に行く人がたくさんいるんです。 旅行ではなく、留学だ

IMG_4322-0.jpg
秋ウェディング

シルバーウィーク初日はレストランウェディングのお手伝いへ。 コーディネ

→もっと見る

PAGE TOP ↑