親孝行とは | オリジナルウェディング Beginning Bridal Planning| ビギニング ブライダル プランニング

親孝行とは

公開日: blog

少し重たい内容になるかもしれませんが
思うことがあったので書いてみようと思います。

「親孝行とは何か」

夏に私の友人のお母様の入院先の病院でフォトウェディングをしたのですが
先日、そのお母様の訃報を聞いて
葬儀に参列させていただきました。

 

病院でのフォトウェディングの記事はこちら
http://bg-bridal.com/post-1183/

 

8月の上旬に、医師から盆を迎えられるかわからないと言われ
そこから覚悟を決めた娘。
旅立たれたのはフォトウェディングから2ヶ月弱のことでした。

私は何があってもお母様の葬儀には参列したいと思っていたので
友人にも何かあれば連絡をお願いしていました。

葬儀当日
葬儀場に着いてびっくり。
参列者はご親族と、ご親族以外は私だけでした。

本当はご親族のみの予定だったのでしょうが
是非私にも見送ってほしいとのお心遣いでした。

受付にはフォトウェディングのデータをプリントアウトした写真がたくさん並べてあり
祭壇のお花はまるでウェディングの装花のようでした。

花が大好きなお母様。
たくさんの綺麗なお花と、たくさんの娘の写真、
娘がお母様のために手作りしたパジャマを棺に入れたいと。

撮影以来に会う友人。
表情は笑顔でした。

「お母さんの為にやれることは全部やった。後悔はない。」

衝撃的な言葉でした。

友人からすると、
余命を宣告された時から想像よりも長く一緒に居られたので、
たくさんのことをしてあげられたとのことでした。
フォトウェディング以降のことを、携帯で撮影した画像を見せてもらいながら
楽しそうに話してくれました。

友人が飼っているわんちゃんと散歩をしたこと、
たくさんお母さんに会いに行ったこと、
最後までご自身の口から食事ができたこと、
最後はぽんかんが食べたいと言っていたこと。

どれも何気ないこと。

それを嬉しそうに話す友人をみて
親孝行とは何かと考えるきっかけになりました。

友人と話した後は
撮影の時に立ち会ってくださったご親族の方ともお話ができました。
おじ様が

「最後にドレス姿を見せられて安心したから長く一緒におれたんじゃないかな」

と言ってくださいました。

娘に大切な人ができ、
お母様が亡くなっても1人にならないという安心感が1番だったことでしょう。
お母様のお顔が微笑んでいるようでした。

 

親孝行とは
どこかに連れていってあげるとか
何かを買い与えるというわけじゃなく

子どもが元気でいること
幸せであること
それを親に伝えること
それが1番の親孝行ではないのでしょうか。

葬儀から帰ってきて
すぐに自分のお母さんに連絡をいれました。

 

 

関連している記事

no image

10月ですね

10月にはいりましたね~ 涼しくなってきて気持ちがいい時期です。...

記事を読む

koji-3

レストラン工事

今日は10月末にオープンする 提携先レストラン新店舗の 工...

記事を読む

satsuei-2

パンフレット用写真撮影

昨日は新しいレストランのウェディング素材の撮影会。 実はこのレス...

記事を読む

ashiya-1

芦屋山手倶楽部

芦屋でディナーを☆ ということで 先日芦屋山手倶楽部へ行ってきまし...

記事を読む

Happy-New-Year-2014-Photos

2014年

明けましておめでとうございます! 本日は2014年のお仕事始めでござ...

記事を読む

no image
活版印刷

先日素敵な出会いがあり 活版印刷のペーパーアイテムを拝見させていただ

IMG_4561.JPG
原点に

7年前。 初めて友達の結婚パーティーをプロデュースしたお店。 その時は

no image
親孝行とは

少し重たい内容になるかもしれませんが 思うことがあったので書いてみよ

no image
アラウンドサーティー

最近私の周りで海外に行く人がたくさんいるんです。 旅行ではなく、留学だ

IMG_4322-0.jpg
秋ウェディング

シルバーウィーク初日はレストランウェディングのお手伝いへ。 コーディネ

→もっと見る

PAGE TOP ↑