残暑の撮影

公開日: Photo wedding

残暑とは
立秋以降の暑さをさす言葉なのですが、
じゃあ立秋っていつ?
調べてみると今年は8月8日だったんですね。

暦の上では秋ですが、
いやいや、どこが秋なんですか?
まだまだ暑いですよと言いたくなるお盆前、
友人から連絡が。

「病院でフォトウェディングを考えているんやけどお願いしてもいい?」

彼女には末期がんで入院しているお母様がいて、
そのことは以前から知っていていたのですが、
いつも気丈に振る舞う彼女を見て、
まだまだ一緒に過ごす時間はあるのかな〜と勝手に思っていました。

この連絡が来る3日前も彼女と一緒に食事をしていて、
大変な様子は見せていなかったのですが、
食事から2日後、

 

そろそろ覚悟を決めないといけなくなった。
お盆を迎えられるかわからない。

 

と連絡が。

その言葉を聞いて、
私の中で雷が落ちたような感覚にとらわれました。

彼女にはフィアンセがいて、
母1人、娘1人で育った彼女は、
お母さんのこともとても大事にしてくれる彼と出逢えたことを、
本当に嬉しそうに報告してくれていました。
そんな彼と年内に入籍すると決めた矢先のお母様の容態の急変。

そして病院でのフォトウェディングを急ピッチで進めることになりました。

連絡があったその日に、
いつも一緒にお仕事をさせていただいているカメラマンさんと、ヘアメイクさんにスケジュールの確認を。
それを踏まえて次の日には彼女と打ち合わせをし、撮影日の決定。
同時にフィッティングのアポイント取り。
打ち合わせから5日後の撮影日までに、
病院へロケハン、担当の看護婦さんへご挨拶とスケジュールの確認をしに行き、
もちろんフィッティングもお付き添い。
彼女はその間に、お母様へプレゼントするパジャマを手作りされたいました。

 

そして迎えた当日。

 

もちろんお母様には内緒。
いろんなことを想定しながら準備をし、
病院側の全面的なご協力のおかげで、サプライズは見事成功!
サプライズ対面の瞬間は彼女の携帯で動画を撮る係をしていたのですが、
涙ボロボロ流しながら撮影をすることになりました。
お母様のご兄弟である彼女のおじ様、おば様も撮影に立ち会っていただいたのですが、
皆様本当に嬉しそうで、和やかな撮影となりました。

 

娘を頼んだよ。

 

お母様のお気持ちが伝わってきた気がしました。

体調を考慮し、
お母様との撮影はほんのわずかな時間でしたが、
その後は病院のお庭でのお二人の撮影。

炎天下の中、大変な撮影かと思われましたが、
こちらも楽しい雰囲気でたくさんの写真を撮ることができました。

IMG_4212

ちょうどお母様の病室から撮影場所が見える位置だったのですが、
お疲れのご様子だったので、後日データで確認していただけたみたいです。

あれから盆は越えましたが、
お母様はお元気だとご連絡をいただきました。
この撮影がお母様のお元気の源になったのであれば本当に嬉しいことです。

 

 

 

関連している記事

osakajo-1

大阪城での前撮り撮影

春ですね〜 春生まれという事もあって 季節の中で1番春が好きです☆...

記事を読む

no image

屋久島フォトウェディング

さてさて8月も後半でございます。 先週になりますが お盆休みはいか...

記事を読む

yakushima-6

屋久島フォトウェディング 撮影

さてさて、今日は待ちに待った撮影日。 屋久島フォトウェディング。 ...

記事を読む

shoukasakura3

ウェディングフォト

3連休から始まった11月。 前半は本当にバタバタでしたが少しずつ落ち...

記事を読む

219_001

桜の中のロケーション撮影受付中☆

先月になりますが、 素敵なメンバーでモデル撮影。 新しい企画を企て...

記事を読む

no image
活版印刷

先日素敵な出会いがあり 活版印刷のペーパーアイテムを拝見させていただ

IMG_4561.JPG
原点に

7年前。 初めて友達の結婚パーティーをプロデュースしたお店。 その時は

no image
親孝行とは

少し重たい内容になるかもしれませんが 思うことがあったので書いてみよ

no image
アラウンドサーティー

最近私の周りで海外に行く人がたくさんいるんです。 旅行ではなく、留学だ

IMG_4322-0.jpg
秋ウェディング

シルバーウィーク初日はレストランウェディングのお手伝いへ。 コーディネ

→もっと見る

PAGE TOP ↑